現在病と言われている近視について紹介!

近視と正視の違いを見てみよう!

 

近視について

まず、正視は正常に見えることをいい、図を見て頂くと網膜に焦点が合っていることがわかります。

 

網膜に焦点が合うことで、遠方は鮮明な視界を得られることができます。

 

近視は、近くの物は見えるが、遠くの物が見えないことをいい、図を見て頂くと網膜の手前に焦点が結んでいることがわかります。

 

網膜の手前で焦点が合うと遠方はぼやけ、鮮明な視界が得られません。近くは見えます。

 

 

外界から入ってきた光は角膜と水晶体を通して網膜に届けています。近視は大きく分けて軸性近視と屈折性近視の二つのタイプがあります。図の近視は、軸性近視にあたります。

 

図を見て頂くと、正視の眼球の軸の長さと、近視の眼球の軸の長さが大きく違うことがわかります。

 

軸性の近視は、眼球の軸が長いため、角膜と水晶体が正常であっても網膜まで光が届かないためが原因で起こるものです。

 

また、逆に屈折性の近視は、眼球の軸の長さは正常で、角膜か水晶体が何らかの異常があるため光が網膜に届かないのが原因と言われています。

 

どうして近視は近くが見えるの?

 

老眼

よく、メガネを掛けているのに、本や新聞を読む時はメガネを外す、おじさんやおばさんを見かけます。

 

まず、そう言った、おじさんやおばさんは、近視があり老眼がきている人です。

 

若い方の近視は、メガネを外さなくても本や新聞の字は読むことができます。

 

それは、水晶体の調節力がまだまだ残っている証拠です。

 

年を取ると、その水晶体の調節力は減少してきます。

 

 

近くを見るときは、その調節力を使って近くにピントを合していますので、調節力が不足してくると近くにピントが合わせなくなってきます。その調節力の衰えを老眼といいます。

 

正視の状態では、近くを見るときは、水晶体の調節力で焦点を網膜の手前にもってきています。なので近くを見ている時は近視の状態になっていることになります。

 

老眼がある近視の方は、調節力を使わなくても、元々近くにピントが合っている近視の状態なので、メガネを外すと近くが見えると言うことになります。

 

関連記事

子供の近視と視力回復について

近視には、屈折性の近視と軸性の近視があって、子供には屈折性による仮性近視が多いと言われています。仮性近視とは、偽近視とも呼ばれ、まだ本当の近視なのかわからない状態の事を言います。この仮性近視の状態で眼鏡を作ってしまうと本当に近視になってしまい、そうなると中々視力回復が難しいいと言われています。仮性近...

≫続きを読む

 

視力低下の原因と目の仕組みについて

へルムホルツ理論視力低下の原因をお話しする前に目の仕組みについて解説します。上の図にカメラのレンズの役割を果たす水晶体があります。水晶体には毛様体筋がついています。この毛様体筋の収縮、弛緩によって水晶体の厚さが変わり遠近のピントを調節しています。これを「ヘルムホルツ理論」といいます。毛様体筋が収縮し...

≫続きを読む