子供の視力回復と近視について紹介!

子供の近視の特徴

セノビック 楽天市場

近視には、屈折性の近視と軸性の近視があって、子供には屈折性による仮性近視が多いと言われています。

 

仮性近視とは、偽近視とも呼ばれ、まだ本当の近視なのかわからない状態の事を言います。

 

この仮性近視の状態で眼鏡を作ってしまうと本当に近視になってしまい、そうなると中々視力回復が難しいいと言われています。

 

仮性近視についてもっと詳しく教えて!

 

セノビック 楽天市場

近年、ゲームやパソコンなどの普及によって、近くで見る環境が増えてきました。

 

外で遊ぶ子供が少なくなり、遊び相手がゲームと言った環境により子供の視力低下が年々増してきており社会問題にもなっています。

 

人間は近くの物や字を見るときは、角膜の裏側にある水晶体を膨らませ近くにピントを合わせようとします。

 

その水晶体を膨らませたり、しぼめたりする役割を果たしているのが毛様体筋と言われています。

 

近くで物や字を見る時間帯が長くなれば、毛様体筋が緊張したままになり元に戻りにくくなります。

 

毛様体筋が緊張したままのことを調節緊張ともいい、この状態が続くことで近視を作ってしまいます。またこの状態のことを仮性近視と言います。

 

知識不足のメガネ屋さんでは、仮性近視を疑わず、そのままメガネを作ってしまうと言うケースもよくあることで、子供の場合は視力低下の疑いがあるのなら、まず眼科さんへ足を運ぶことをおすすめします。

 

優良なメガネ屋さんの場合は、まず眼科での検診をおすすめしてくるので、そう言ったメガネ屋さんは安心・信頼できるメガネ屋さんだと判断してもいいでしょう。

 

仮性近視の治療方法として、一般的に眼科ではミドリンやミオピンと言った点眼薬を使って治療します。ほとんどの子供は視力回復がみられず、眼鏡を作っているのが現状です。

 

しかし、初期の子供の近視や仮性近視であれば、トレーニングによって90%以上、回復しますので、あきらめずに子供に合ったトレーニング方法を見つけることをおすすめします。

 

子供の近視と視力回復について関連ページ

視力低下の原因
目の仕組みと視力低下の原因を詳しく解説しています。