眼科 視力回復

眼科で行う視力回復方法はとは?

眼科での視力回復について

多くの眼科では、視力のチェックを行い、急に視力が弱くなってしまった場合には、様子を見るのと同時に視力回復に少し効果があるかもしれない目薬を出されます。

 

この目薬は、ミドリンやサンドールといい、散瞳薬といわれる瞳孔を開くための薬です。

 

視力低下の原因は、眼底の筋肉、毛様体筋が緊張している状態にあるからだと言われていますが、ミドリンにはその毛様体筋を弛緩させる働きがあります。

 

それによって視力の改善がみられるのですが、薬によって一時的に改善しているだけなので使用を辞めてしまうと視力がまた下がってしまいます。

 

目薬以外での視力回復方法は?

 

他に、眼科では視力回復のトレーニングを行っているところもあります。

 

そのトレーニングですが、ワックという器械を使って目のトレーニングをするものです。

 

トレーニングの内容ですが、ワックという器具の中の望遠鏡のような部分に顔を近づけ、景色を5分眺めるというもので遠くの景色をずっと見つめているのと同じ効果が得られるというものです。

 

この視力回復法ですが、保険内でトレーニングを行えるのが週2回と決められているため、週2回以上のトレーニングは行えません。

 

この方法で仮性近視が少々良くなったという声も一部聞きますが、使用を止めると元に戻ってしまう人が大半のようです。

 

眼科の治療法は以上のような形ですが、もっと効率よく目のトレーニングを行っている視力回復センターもあり、視力回復ですと、そちらの実績のほうが高いというような数字も出ています。